家具と介護のお店 かごや

 

広報担当Sでございます。

 

はい・・・広報S、個人的な都合により21日に振り返りながら「かごやの今日のブロGOOD DAY」を記録しています。

 

本葬儀も無事に終えて、現在の年齢ではそう何度も経験する事のない「 納骨 」。ワイフと二人で竹で出来た箸を持ち、一番最初に瓶の中へ。

 

そこには、やはり目の前ですごいプロの仕事(と言っても富士宮市役所内管轄の公務員)がいる。

 

こう考えると、公務員ほど自分の感情を押し殺して仕事している職業はないんじゃないかと思った。

 

こんな時にまでこんな事を想ってしまった自分が、正直情けなくもあり、誇りににさえ思う。

 

私は、私らしく。見送る事が出来たと思う。昨晩のサシ呑みから12時間くらいだろうか・・・。最期、生身のおでこに数十秒触れた。

 

あの感触と、景色、絶対に忘れないだろうし、決して私は、あなたの様にはならない( いい意味でね )。

 

私らしく。らしくって何だろう。

 

広報Sらしいねって人から言われる事が、らしくなのかな。広報Sがおとどけしました。

 

これまでの出会いに これからの出会いへ

 

生き活きに手がとどく かごや

 

2018.02.20 『 大切なのは こころざし 』

 

あっと言う間の5日間・・・明日からまた普通に仕事を再開する事と思う。もちろん、数日間は色んな事が目まぐるしく起きるし、自分自身の行動も変わってくる。

 

明日が初七日となる。週ごとに、気持ちや記憶が薄れていくが、私は永遠に貴方の息子である。

 

一番の後悔は、この5日間、涙が出なかった事である。