家具と介護のお店 かごや

 

広報担当Sでございます。

 

先程、先生のお悔やみに当時の仲間と共に行ってきました。先生は、あの事故であったにも関わらず、先生の顔に傷はなく、今にも『 バカヤロー―― 』とか言いそうな顔をしていました。

 

広報Sは、ここ数日で最も敬意を持つ二人を亡くしました。

 

先日の自宅の景色が、また別の所で起きている。しかし、私は、私らしく生きていかなければなりません。

 

「 私らしく 」。

 

こんなにも仕事中に泣いた事は初めてでした。

 

私は、これからも株式会社かごやを、指定福祉用具貸与事業所を、誠心誠意「 私らしく 」続けて行きます。

 

二度と言わない様にしたいが・・・つらい。広報Sがおとどけしました。

 

これまでの出会いに これからの出会いへ

 

生き活きに手は届いているのだろうか・・・自己満足に過ぎないのではないか・・・しかし

 

自己満足から踏み出して行かなければ、何も発信できない。

 

2018.03.02 『 大切なのは こころざし 』です。

 

きっとお通夜、葬儀は、男泣き祭りだな。