家具と介護のお店 かごや

 

広報担当Sでございます。

 

もう1年経つのか~と、ホント日々の速さにビックリします。富士の麓の大博覧会。INふじさんめっせ。

 

かごやを創業して、ノルディックウォーキングの指導員資格を取り、取った直後にこのイベントの案内を頂きました。

 

健康増進ブースに出展しませんか?と。

 

私にとっては願ってもない好チャンス!今から思うと初年度が一番売上あって、年々減少していますΣ(゚Д゚)

 

そして初年度が一番、活気もあったと思います。

 

今回、出展して何が良くて何が悪いのかハッキリしてきたと思います。

 

考え方。お客さんは、目の前にあるその物、モノ、者だけを見て判断して、お客さん自身に興味が無ければ無視。

 

お客さんに興味がある事なら、お客さんの方から話掛けてくれる。こちらが、チラシチラシチラシとやってもマイナスにもなりかねない。

 

来店待ちのイベントの末路。それは、『 お客さんの感心度 』。

 

私の横を通る人は皆、腕を左右に振って「 ノルディックね~ 」っつぶやいて歩いていく。

 

横のブースは焼肉「ぼ〇〇えん」さん。販売していたのは、チョコレートフォンデュと、かき氷。

 

目の前に流れるチョコレートタワーがあれば、目を引く。子供群がる。私は、ノルディックポール持って立ちすくむ。

 

イベントを開催する場合。重要な事第二。「 立ち位置 」。

 

沢山学ぶことができた2日間でしたよ(*^-^*)

 

来年は、プロとして、意見してみようと思う。または、出展内容を変えようかな・・・KAGOYAなのに、たいやきとか売るww広報Sがお届けしました。

 

これまでの出会いに これからの出会いへ

 

生き活きに手がとどく かごや

 

2018.05.28 『 大切なのは こころざし 』です。

 

ホント、明日は我が身って何故分かってもらえないのか・・・

 

そして私も、かなり有名になったな~という反面、まだまだKAGOYAそのものを発信する必要も絶大です。