家具と介護のお店 かごや

 

広報担当Sでございます。

 

ザーッ・・・ぽつぽつな繰り返しのまさに、梅雨な天気でした。夜になり風も強くなってきましたので、気を付けて帰りましょう~(*^-^*)

 

さて株式会社かごやは、県の指定福祉用具貸与事業に認可を受けて、国保連に請求をして業務を運営しております。

 

御国様の法律に基づいて、その決まりにそって、書面や顧客の管理をしなければなりません。

 

2年に1度の間隔で指導に来ます。アドバイスであったり、実際にしっかりと業務規程に置いて運営されているかどうか。

 

日々の業務がしっかり行き届いていれば、何も焦る事なければ追加する事などないわけです。

 

今回の実地指導を請けて感じたのですが、運営上問題点がないアドバイスを貰う事と、運営上の問題を指摘される事は、同じなんじゃないかと。

 

県庁職員も、すごく細かいことを言いたいわけではないのです。

 

添った内容がしっかり残されている事で、なんの問題もなければ、このまま頑張って下さいでOK。

 

また毎日の業務をしっかりと残して、利用者様が不便なく、そして自分自身がそうなる時が必ず来るのでうその時に向けて、仕事したいですね。

 

ものすげえ真面目。広報Sがお届けしました。

 

これまでの出会いに これからの出会いへ

 

生き活きに手がとどく かごや

 

2018.07.04 「 大切なのは こころざし 」です。

 

資料の山、これを2時間程度でチェックしにくる県庁も大変な仕事である。

 

不正なんてするつもりでするヤツがいるから悪い。誰だって正当にしてれば、そんな事する必要ないのに・・・。