長渕 剛 のナンバーから選曲してお届けしますm(__)m

3.11今日はあの日から4年と言う事で、多くの場所、TV、ラジオで伝えられていました。

私自身も、14時46分でしたか…すべての作業を中断して、目を閉じました。

あの時、私は…自宅で遅い昼食をとってお茶をすすり…さて、夜、予定があり愛犬の散歩に行けないので、今のうちに少し行っておこうッ!そんな準備をしているときでした。

地震・・・TVで震度を確認しようにも、付かない・・・地震の影響によって停電したとは考えず、TVのせいにして先に散歩行くか・・・と歩いていました。嫁にTVが壊れたよ!なんてメールをしながら。

30分ほどで仕事に戻る準備をして、車を走らせると全ての信号が消えている。

そこで、先ほどのTVが停電だと気づいた事を、改めて今思い出しています。

震災から2年が経った5月頃、富岡町へ行きました。1泊2日で。

行ってよかった…ホントに今、そう思っています。

2年経過してるのに、人ひとり居ない街。斜めになったままの建物。ガラスが割れたまま落ちている道路。汚染された物を詰めた土嚢であろう黒い大きなビニルの山。防護服を着て、交通規制をする警察官。唯一営業をしていたラーメン屋さん。コンビニ。宿泊の為に少し現地から少し離れた宿近くの居酒屋さんの女店主が言っていたあの罵声。

明日も、これからも、私に出来ることは、かごやで家具と介護のお店を運営する事。

これまでの出会いに これからの出会いへ

「 すべての人が生き活きできる 」そんな仕事をしていきます。

3f765f3d

2015/03/11 「 Pray For JAPAN 」

私が2年前の5月に訪れた時の富岡町は、こんな状態でした。車を降りると、市の方でしょうか…作業着を着た方が「 そんな恰好(薄着)で、外に出ない方がいい。危険だ、車に戻りなさい 」そう言ってました。

ここにこうして居れる事に、明日があることに、今日があったことに、心の底から感謝します。