家具と介護のお店 かごや

 

広報担当Sでございます。

 

春ですね~(;´∀`)春分の日の月曜日・・・今日も多くのお問い合わせありがとうございます。

 

お引越しシーズンMAXですね。みかん箱で、食事する必要もさすがにないと思いますが、お盆に乗せた食材を床に置いて、あぐらをした状態で、食事するのも、この時期だけの楽しみのひとつになるかもしれません。

 

安易に、組立て式を購入されなくても、これからの新生活の数週間。徐々に、快適にされてもいいと、学生時代にそんな経験をした事からのアドバイスです(笑)

 

さて、今日は「良かれと思った事」について

 

これ、言い方、または捉え方ですが相手にとっては、「おせっかい」になる事もあれば、「感動」を提供できる事もあります。

 

それは、自分の経験をただ話すればいいという事ではなく、こういうやり方はどうです?とか、こんな夢が広がりませんか?という『 提案 』。

 

このブログでは、『 経験 』が全てみたいな事を、よく書きます。

 

もちろん『 経験 』は絶対的に必要ですが、その使う人にアドバイスするなら、自分だったら、こうしたいっていう『 提案 』。

 

その場合、いろんな事を見てきている『 経験 』が必要。だらか、自信もって『 提案 』が出来る。『 経験 』=『 提案力 』という事。

 

広報S・・・家具の事(メーカーとか、カタログの中身とか、高額とか安価とか)未だにほとんど知りません。買ってもらう方のセンスを理解したり、提案したり、あそこの店みたいな?とか話したり、って繋げていきます。

 

そんな中間下請け企業みたいに伝達された内容を、自分なりに、『Sはこういう人と仕事してるとか、Sはこう言いたいんだな』とか理解してる、

スタッフH・・・だんだん我々の意向を理解してくれて、大変頼もしいです。

 

もちろん、家具に精通してる小林や伊藤の案件など、もっと難しいでしょうけど、バッタバタとこなしております。

 

創業当時からのSさんも、ホント今では何を聴いても答えがすぐ還ってきます。ホントに感謝ですね~(*^-^*)

 

お客さんの事を言葉で伝え、その方のお家を想像して、アイテム1個で3個の提案が出来る。アイテムの感じから、お家を想像する。アイテム1個で連想するアイテムを繋げていく。

 

なかなか難しい事ですよ~。作ってそれだけをって答えじゃないですからね!

 

一個でも100個の答えが正解かもしれない世界です。広報Sがお届けしました。

 

これまでの出会いに これからの出会いへ

 

生き活きに手がとどく かごや

 

2017.03.20 『 大切なのは こころざし 』です。

 

スタッフの成長と、感謝を改めて感じた春分の日でしたね~(*^-^*)

 

ステキな年度末からの新生活への想いが、日々膨らむ小春日和・・・さて、たまには早く帰って自宅で、ゆっくりします(*^-^*)