家具と介護のお店 かごや

 

広報担当Sでございます。

 

今日は、商工会議所の研修で、くず餅の元祖「 船橋屋 」さんのセミナーを聞いてきました。

 

5人の採用枠に、16,000人の応募がある会社と言われていて、その社内教育、給与制度、福利厚生など、社内業務の事から、人の育て方までを伺う事が出来ました。

 

実際に、弊社でそれを行うほどの会社規模では無い為、社内で活かす事がどうできるかは分かりませんが、感じた事を少しでも外に出す事ができたらと思います。

 

くず餅は、餅じゃなくて発酵食品だった事がびっくり。

 

450日かけて製造して賞味期限は2日。それもまたビックリ。

 

こういったセミナーを聞いた後、いつも感じるのですが・・・覚えてられること、実践できる事って、たぶん・・・2日くらい。3日目にはもう忘れていままでの自分になってしまっている。

 

いままでの自分が、ルーティーンだから。

 

そのルーティーンを変えるって、並大抵な事ではない。

 

変わるタイミングはどこだ?広報Sがお届けしました。

 

これまでの出会いに これからの出逢いへ

 

生き活きに手がとどく かごや

 

 

2018.11.19 『大切なのは こころざし』です。

 

社内制度と、給与体系のやり方は、ホント今の時代にリンクしている。

 

出来るなら、もらうべきであるが、そのスキルは判断する評価。それは、口頭だけでは判断しきれない。