家具と介護のお店 かごや

 

広報担当Sです。

 

今日は、ステキな家族の話。

 

介護の現場で、昨今、看取りをするご家族って少ないんです。

 

もういつ、どうなっても覚悟は一応している。

 

デイサービス先で、急変!苦しそうなら救急・・ス――――――――と寝落ちしてそのままならそれを受け止めます。

 

そんな会議をしてきました。

 

家族は、ご自身の生活の大半をそこ( 要介護者である家族 )に注ぎ、安らかに逝ってほしいとねがう。

 

正直、私は多くの家族を見て介助者である自身を犠牲にしてまで、要介護者を見れない。

 

安らかにとは思うが、面倒などそこまで見きれない!そんな発言が飛び交う中の話合いも数多くしてきました。

 

私は、この仕事が好きです。

 

色んな家族景色が見れると同時に、感謝され、自分がその環境になったらと置き換える事が出来る。

 

簡単には出来ない経験を積み上げる事が出来る。広報Sがお届けしました。

 

これまでの出会いに これからの出逢いへ

 

生き活きに手がとどく かごや

 

2019.5.9 「 人生において、諸君には二つの道が拓かれている。 一つは理想へ、他の一つは死へと通じている。 」

 

写真は知人でもある おくりびとアカデミーを経営する若き男!映画おくりびとで、技術担当をした家系の子孫。