家具と介護のお店 かごや

 

広報担当Sです。

 

先日、6年くらい頑張ってくれたプリンターを新しくしたんですけど・・・すんごいんです。

 

一枚、一枚が出てくるスピードの早さが!

 

一気に、300枚くらいをポチってして、ガーガー言いながら毎月、出力があるんですけど・・・あ~スムーズww

 

これが、働き方改革にも繋がるって思いました。そんな時、買った時のトナーって少ないんでって言われていたのを、ストップして「トナー交換」って液晶に出て思い出しました。

 

はい、買い置き・・・ありません。

 

それも、また学びとして捉えて他のシゴトを・・・あ~たぶんあと数十枚なんだけどな・・。って、こんなもんですww

 

さて、本題。

 

人間本来(自分自身)のキャパシティー(メモリー)の大きさと、使い方と、アウトプットの仕方。

 

私のメモリーの大きさ=一度に何個の案件の話をしても、それぞれを把握する事が出来る数と、とある社長さんのメモリーの大きさは違う。

 

私もそんなに何個も話を継続して覚えていられるわけじゃない。

 

でも、自分に都合の良い事だけをアウトプットして発信してしまえば、周りはついてこない。

 

分担して仕切りをして、頼むこともあれば頼まれることもある。

 

頼まれごとは、試されごとなんだけども、試そうと思って頼んでいるか、頼まれたから試されてると思わずただこなすか。

 

これを意識できない企業のトップはもう、試さないし頼らないww広報Sがお届けしました。

 

これまでの出会いに これからの出逢いへ

 

生き活きに 手がとどく かごや

 

2020.02.13 「 技術の上手下手ではない。その心が人をうつのだ。 」

 

photo:律儀にお届けしてくれまたwwちょっと、忘れてたのでluckyかもww