家具と介護のお店 かごや

 

広報担当Sです。

 

あれから・・・9年。

 

もうかれこれ・・・7年前くらいでしょうか。かごやが、今年の7月で創業7年ですから。

 

かごやをオープンする前のプー太郎をしていた2ヶ月間の時、行って来たんです。社長小林と当時まだ小学生だった、社長の息子と。

 

富岡町まで。

 

震災から2年が経っていたわけですが・・・

 

線路は、ボロボロ。大きなショッピングセンターは廃墟。道路の両端には黒い大きな袋(放射能汚染された土だった)。人ひとり居ない学校校舎、家屋。野犬化する飼い犬たち。

 

本当にすごい光景でした。

 

サラリーマン時代・・・あの日、私は営業回りをしながら、遅い昼食を自宅で取って、あわただしく出掛けようとしていた時でした。

 

地震のゆれを感じて、あ~収まったって自宅を出て・・・気づかぬまま次の訪問先に。

 

ふと、思ったんです。ラジオが入らない。信号がついてない。

 

携帯で、様子を確認しました。

 

まだ大きな情報はなく・・・夕方帰社。

 

本当に忘れられない1日でしたね。

 

決して忘れない!日本にあかるい未来を!広報sがお届けしました。

 

これまでの出会いに これからの出逢いへ

 

生き活きに手がとどく かごや

 

2020.03.11 「 PRAY FOR JAPAN 」

 

photo:検索は応援になる。