家具と介護のお店 かごや

 

広報担当Sです。

 

コロナの影響・・・どうですか?

 

少し、終息の様な・・・まったくそうでもないような・・・。

 

しかしながら、病院に勤務する人の話では・・・インフルエンザや調子が悪いと受診する人が少ない!との事。

 

調子が悪いは、この寒暖差!分かります。

 

インフルに関しては、ここまで徹底して手洗い、うがいをしていると、インフルもかからない事が判明しているんだと、言ってました。

 

日ごろからのケアが大事です!

 

話しは変わりますが・・・やまゆり園でしたか?障がい者施設の殺傷事件を起こした植松被告。

 

死刑判決になりましたね。

 

彼の言い分は報道でもある通り・・・このブログで大層な事は書けませんが。

 

広報Sの今の想いを・・・

 

私の従兄弟が昨年の今頃、39才(だったかな)亡くなりました。

 

自分で言葉を話す事が出来ず、自分の足で真っ直ぐ歩く事が出来ず、こちらの言葉を理解する能力は3歳児から4歳児程度でした。

 

もう30年以上前の記憶です。

 

私は、彼が怖かった。

 

歳も近いという事で、盆暮れなどには私の実家に家族で来て、遊びました。

 

が、しかし・・・彼はフルスイングで私にグーパンチや突進、またはドアへ向かって自分から突っ込んだりして怪我、破壊をしていました。

 

恐かった。

 

大人になるにつれても、それは変わらず小学校を卒業するころには、かなりの力でした。

 

私自身も、この頃には柔道ははじめていたので、それに対抗する自信もありましたが、意思疎通が出来ない為に、互いに限度がわからない事や、終わりのない事に恐怖でした。

 

今回の事件で、それを鮮明に思い出したのです。

 

大人になってから思ったのは、彼は、とてつもなく純粋で、綺麗な男だった。

 

それを理解するのに、多くの経験を要した事も事実だが。

 

介護の現場にいると・・・

 

家族ですら・・・聴かなくてもイイ、聴かなきゃよかった、でもそうなんだろうなって思う話を耳にします。

 

コメンテーターの意見や、政治の意見は他人事でしかないとつくづく感じますが、現場にいる当事者の家族と、職員と、それを取りまく環境。

 

文章なんかで語れない、壮絶なる事がある。

 

それだけは、確実だと思うから。

 

体験したこともない輩が、エラそうに言う事だけは、腹立たしいにも程がある。

 

被告と共に、許されざる発言、行動は、目をそむけたくなる。

 

人が人を想う、掛け替えのない世の中になる事を切に願う。広報Sがお届けしました。

 

これまでの出会いに これからの出逢いへ

 

生き活きに手がとどく かごや

 

2020.03.17 「 正直が一番だと子どもたちに教える前に、正直な世界を築く必要があると思う。」

 

photo:私の記憶にある障がい者施設は・・・こんなだった。今はどうなんだろう。

Yahoo!画像より