家具と介護のお店 かごや

 

広報担当Sです。

 

まもなく8期目を迎える今、なーなーになってきてしまっている事。改めて会社、企業、相手、顧客、すべてに置いてのメリット、デメリットを考えなければならない所に来ています。

 

桃栗三年柿八年

 

8年って、結構長い。小学生になった話を聴いていた創業当時の知人の息子・・・もう中2になる。

 

中学生にあがったなんて話の彼は、二十歳。

 

切る事は、切る。

 

繋げる所は、もっと深く。

 

逆もある。

 

切られる可能性がある。

 

もっと深く関わりを持つ必要性が求められる。

 

自分の今の、やり方は合っているのだろうか・・・。

 

模索だか、やるしかないのである。広報Sがお届けしました。

 

これまでの出会いへ これからの出逢いへ

 

生き活きに手がとどく かごや

 

2020.05.19 「 プロは二重に仕事を引き受けないことだ 」

 

ゴルゴだからね(笑)