家具と介護のお店 かごや

 

広報担当Sです。

 

終活カウンセラー協会でのお仕事というか・・・応募コンテストがあり、もう1ヶ月くらい前に応募しまして・・・提出期限が今日。

 

終活カウンセラーとして動き出した時から変わらない事がありますので、それを文章(パワーポイント化)してアウトプットする。

 

そんなことをすると、思い描く事が現実なり、更に行動しなければって思わせてもらえるいいキッカケを頂きました。

 

「 誰でもいずれ老いる 」それが今の仕事をする上で、もっとも顕著に見受けられます。

 

1年後、2年後・・・ずっと同じ生活をされている方がいます。

 

1年後まで対応しない方。

 

もうかれこれ、かごやを始めてから7年・・・対応させてもらっている方。

 

しかしながら、回復され元気になって、モリモリと外に出て自分で全てが出来る様になったと言う方は、いない。

 

そこで、私自身が発信して、もし私がこの人の家族だったら、この人自身だったらと思い立ち、終活ってどんな事だろうって考えた事が始まりです。

 

家族や、仲間、会社や、取引先に何を遺すか・・・。

 

「 記憶 」がいいなって、思っていますww広報Sがお届けしました。

 

2020.07.24 エンディング―ト書こう