家具と介護のお店 かごや

 

広報担当Sです。

 

ご高齢者様のおひとり様問題。

 

それは、ご高齢に限らずこれからどんどん増えてくるでしょう。

 

私は、一人で何するにも困ってしまう。障がいもあって健常者の皆さんとは違う。

 

そんな事を一度電話すると20回くらい繰り返す方がいます。

 

それは、なんにも問題じゃない。

 

広報Sが問題視するのは、こういったご高齢の方々を支えるシステムが、市も県も国もまったく配慮されていない事。

 

こういった事を口にする人は、本当によく調べていて、我々がそれを仕事にしている以上に知識がある。

 

健常者がいくら言っても、その方々には響かない。

 

でも、その障がいのある方々や、おひとり様の方々は自ら「 どうする事もできない 」現実。

 

だから健常者である我々が、手を差し伸べる必要があるとは思う。とは、想うのです。

 

とは・・・。

 

人間は生まれ、この世に性を持ったその日から試練であり、平等な事はたった二つ。

 

その試練の過程を、どう生きたかで、変わる。

 

愚痴しか出ない、御一人様の最期を見届けるほど、痛い事、悲しい事、辛い事、見苦しい事はないと私はつくづく痛感した。

 

そう、これを実感して、私の目指す後期高齢者像を模索しているから、今のこの仕事が楽しく、有意義に遂行できている。

 

あなたから学んだ事は、数多くあります。感謝しかない。広報Sがお届けしました。

 

これまでの出逢いに これからの出逢いへ

 

生き活きに手がとどく かごや

 

2020.08.27 この電池に愚痴を言うってさ・・・私、どうしらいいのやら(笑)