人の為と書いて「いつわり」と読む。



家具と介護のお店 かごや

 

広報担当Sです。

 

「 お前のためにやってやった 」この「 やってやった 」ここに問題がある話。

 

こちらは、それを望んでいない場合が多い気がします。

 

やってやったと言われるくらいなら必要がないのです。

 

もちろん、私の為という点では、本当に嬉しい限りです。

 

それを10倍にも20倍にもして恩を返していきたい。その恩は、私の「 頑張りを見てもらうこと 」で十分かと思っています。

 

やってやったの恩を返すとなると、倍以上をのことを望んでいるから、お前もオレにやれよって言われている気がしてなりません。

 

そんな事なないと思います。

 

そうではない人だから。

 

生きることで人に気を使い、回りを巻き込み、楽しくするための準備と、結果が伴います。

 

先日のブログにも、私自身やっと人に頼ることができたと明記した次第です。

 

それは、仕事だけじゃなくてプライベートでも、仲間内でも仕事仲間でも一緒。

 

気を使わせていると相手が感じ取ってしまうと、それは相手が感じる「 プレッシャー 」と「 恩着せがましいこと 」な捉え方をしてしまう私です。

 

だかしかし・・・私のためにやってくれた。その事実がある。

 

ありがとうございます。倍返しさせていただきますw広報Sがお届けしました。

 

これまでの出会いに これからの出逢いへ

 

生き活きに手がとどく かごや

 

2020.12.03 自由に生きたい・・・この猫の様に・・・しかしこの猫も生きることにきっと必死である。


〒418-0052 富士宮市淀平町714
TEL:0544-25-0181 
FAX:0544-25-0182
E-mail:shop@kagoya.biz

店舗営業:10:00~19:00 水曜定休
(福祉用具貸与事業所は年中無休・年末年始除く)

お問い合わせ