家具と介護のお店 かごや

 

広報担当Sです。

 

オープン時にお世話になったお店=創業が同じくらい。

 

飲食店は1年で半分がNG  5年でさらにその半分。

 

そして10年で10分の1しか残らないと言われている時代。

 

何を意味するのか。

 

万人に利用される飲食店は、なにかが違うのです。

 

週1休みの飲食店が多いとして、年間350くらいが稼働日。

 

その中で、1日10人が来店したとして3500人。

 

10人が5,000円ずつ使ったとして、売上50,000.

 

月に1,300,000の売上。そこから家賃、莫大なる水道光熱費、人件費、そしてこだわりの材料。

 

ざっくり考えただけでも商売の大変さがわかります。

 

料理人の技術料はいくらなんでしょうか・・・1日数千円でしょうね。

 

それでも、お客様の為に美味しいものを提供したいという想い。

 

私は、きらいじゃないです。お客様が楽しんでもらえる空間、お客様がまた来たいって思う空間。

 

私の様な訪問系のシゴト、かごやの店舗のように一度買うと数十年が用事がないお店。

 

どんな仕事も簡単じゃない。

 

それを、職人が更に教えてくれて、ボクを奮い立たせる。広報Sがお届けしました。

 

これまでの出逢いに これからの出逢いへ

 

生き活きに手がとどく かごや

 

2019.12.19 「 批判に耐えられないなら、新しいことや面白いことはするな 」

 

photo:さかな処 おかだ  さん ごちそうさまでした。