家具と介護のお店 かごや

 

広報担当Sです。

 

年齢を重ねてくると、どこで痛めた???なんて事が沢山あります。

 

よく女性で、スネに青あざ作って、いつぶつけたのか分からない。

 

何も持ってないのに、腰を上げたらギックリ腰とか。

 

そして分かっていてぶつけたり、ひねったりして痛みが後からジンジンする場合。

 

それが、また地味に痛い。

 

昔は、もっと痛みに耐えれた気がするんですけど(笑)

 

そしてすぐ病院に行きたがるんですww

 

昔は、病院嫌いだったんですけど(笑)

 

なにかの安心を求めたいんでしょうね。広報Sがお届けしました。

 

これまでの出会いに これからの出逢いへ

 

生き活きに手がとどく かごや

 

2020.02.06 「 どんなに悔いても過去は変わらない。どれほど心配したところで未来もどうなるものでもない。いま、現在に最善を尽くすことである。」

 

photo:熊の手じゃないよww的な。