家具と介護のお店 かごや

 

広報担当Sです。

 

昨年4月から岳南朝日新聞に、終活散歩の記事を書いています。

 

今日、訪問させていただいたお宅で・・・切り抜きしてファイリングして、自分の為に活かすんだって言ってくれている人がいて・・・感動ww

 

そういう人が沢山増えると、もっと終活って生きてくると思う。

 

決して死ぬ為の準備だけじゃないから。

 

さて、先日の硬くなに自分は出来ると思っている高齢さんとは逆に、何でも使いたがる人もいます。

 

家中、手すりをまわして転倒しない様に、しない様にって。

 

それでも、その環境に慣れてくると、転倒って起きたりします。

 

今日の訪問先では、敷居段差が4センチほど。そこに躓く事はないかもしれないけど、親指があたる事があるだよと、お婆ちゃん。

 

それは、つまづいてるんだよって言ってあげて、スロープを置いてみました。

 

喜んでた。スロープを置くって言う事を伝えても分かりにくい。

 

手すりもそう。あれば絶対的に無意識に触っている人の方が圧倒的に多い。

 

それを、やれ会議して本人が要らないって言えば、設置出来ない。

 

お試しでちょっと置かせてって言っても邪魔、要らない。

 

かたや使ってみたい。設置した直後から安心の笑顔。

 

かたやフラフラしながら箪笥の角に手を置く。

 

その人が、何十年もその場所で、その家で過ごしてきたから何とも言えないけど、その人はその家しか見てない事が多い。

 

私は、この15年でどうだろう・・・1500件以上は見てると思う。

 

それが、経験であり、出来るアドバイスは他とは違うと自負している。

 

誰もが元気でピンピンころりって逝きたいよねww広報Sがお届けしました。

 

これまでの出会いに これからの出逢いへ

 

生き活きに手がとどく かごや

 

 

2020.02.07 「 人生は楽ではない。そこが面白い。 」

 

photo:かごやミニ四駆造りましたww第一号ww