家具と介護のお店 かごや

 

広報担当Sです。

 

とある住宅改修の現場での出来事。

 

現在の多くの住宅は、バリアフリーで敷居段差などはほとんどなく、ドアもスムーズに開閉する。

 

でも、ここ富士宮市内の多くの家は、まだまだ段差の多いお宅が多数。

 

そこで、ホントに安易に考えて、この辺にあればいい。ここには要らない。そんな話が出ます。

 

人間の手を伸ばして60cm先の縦手すりは、遠いんです。30cm先の手すは近いんです。

 

手すりを取付出来る位置(壁の中の柱)によっても可能、不可能があります。

 

この辺につけばいい。付かない事だってある。

 

困った時に、こまった場所にが不可能な事がある。だったら、今、動けていて、そこにある(60cm先、30cm先)事に慣れる事も重要な選択肢。

 

人は、慣れる。

 

その慣れによって、改善する事の方が多いし、それに順応する。

 

何よりも早めの御相談を。

 

真面目なお仕事の話でした。広報Sがお届けしました。

 

これまでの出逢いに これからの出逢いへ

 

生き活きに手がとどく かごや

 

2020.06.05 「 “準備”というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく、そのために考え得るすべてのことをこなしていく、ということですね 」

photo:KAGOYAのインスタグラム